お中元を贈る時期って?知っておきたい失礼のないお中元マナーやルール

   


6月に入ると「お中元」という言葉をよく耳にしますよね。

でも、お中元をいつもでに送れば良いの?

贈る相手はどうしよう?

予算はどれくらいなのかしら?

などなど知らない事もたくさんありますよね!

「お中元」とは、あくまでも日頃お世話になっている人への「感謝の気持ち」です。

失礼のないように、お中元マナーを少しご紹介します。

 

感謝の気持ちを贈る「お中元」知っておきたいお中元マナー

2afee5ab2ebc5ab4c93b763d700a272f_s

1.お中元はいつまでに贈れば良いの?住んでいる地域で時期と期間が違う?

お中元は、一般的には7月初旬から7月15日頃までに贈る時期とされいますが、住んでいる地域によって時期と期間の違いがありますので少し注意が必要です。

大きく分けると関東と関西で時期と期間が違ってきます。

関東の贈る時期 7月初旬~7月15日まで

関西の贈る時期 7月初旬~8月15日まで

しかし最近では地方に関係なく7月中旬までに贈るのが一般的になってきているようです。

日頃からお世話になっている相手に感謝の気持ちを贈るのですから贈る時期を守るのもマナーの1つですよ!

 

2.お中元は誰に贈る?贈る相手別のマナーは?

お中元を誰に贈るべきか悩みますよね。

でも感謝の気持ちを伝える贈り物ですから、誰に贈るかは難しく考える必要はありません。

一般的には

☑両親
両親には子供の頃からずっとお世話になっていますよね!孫の面倒を見てもらったり、結婚してからも常に色々気にかけてくれていますから、感謝の気持ちを伝えたいですね。

☑親戚
親戚だからといって贈る必要はありませんが、お世話になっていれば感謝の気持ちを贈るといいでしょう。

☑職場の上司
会社の取り決めなど色々あるので、しっかり確認しておきましょう。

☑恩師の先生
大学の研究室やゼミでお世話になった先生と現在も関係があったり、今後もお世話になる場合は贈るといいでしょう。

☑仲人
一般的には、仲人をしていただいてから3年間は贈るのがマナーです。3年後は仲人さんとのお付き合いの程度により決めればいいでしょう。

 

3.喪中の時のお中元は・・・?

年賀状は相手が喪中の時は控えるのが一般常識ですが、ではお中元はどうなんだろう?と悩みますよね。

あくまでもお中元は感謝の気持ちなので贈ることには問題はありませんが、相手の心情を十分に配慮しつつ贈るのか考えましょう。

☑相手が喪中の場合
相手が喪中の場合でも基本的には贈っても問題はありません。ただ四十九日を過ぎた時期に贈るのがマナーです。
ここで注意が必要なのは「のし紙」です。通常お中元は紅白の水引の入ったのし紙をつけて贈りますが、喪中の場合は白い無地を選びましょう。相手がほっこり温かな気持ちになっていただけるような贈り物をすると良いですよね。

☑自分が喪中の場合
考え方は相手が喪中の場合と同じです。ただ「喪中」の人からお中元を受け取ることを嫌がるひとも少なからずいるのかもしれません。

 

4.お中元の金額の相場はいくらぐらい?

お中元を贈る時いくらくらいの物を贈ればよいのか迷いますよね。贈る相手との関係によって相場は違ってきますので、一般的な相場を知っておきましょう。

☑実家・兄弟・親戚  相場:4,000~5,000円

☑友人・先生     相場:3,000円以内

☑会社上司      相場:5,000円程度

☑特別にお世話になった方 相場:5,000円~10,000円

一般的な相場は、3,000円~5,000円です。相手の負担や毎年贈ることを考えて相手が喜ばれそうな物を選びましょう。

 

5.お中元の選び方みんなは何を贈ってるの?

d0f61ec5d8596bac08899ab9acdcd8e4_s

せっかく贈るのですから相手が喜んでくれる物を選びたいですよね!

お中元を贈るときは、相手が何が好きなのか、家族構成はどうだったか、嫌いな物はなかったか色々考えてしまいますよね!

☑家族構成をチェック
家族の人数が少ない場合は量より質が高い物を、逆に多い場合は量の多い物がみんなで楽しめるものがいいですよね

☑お酒は飲むか飲まないかをチェック
定番にお酒がありますが、相手が飲まれないのに贈っても喜ばれないので注意。

☑アレルギーなどはないかチェック
家族にアレルギーや糖尿病の方がいる場合は食料品ではなく洗剤など日用品が無難ですね。

お中元の定番は、お菓子やお酒といった食料品

最近は、普段自分では買わないちょっと良い物「高価ではなく高級感のあるもの」や普段では手に入らない「地方名産・特産」、子供がいたら「アイスクリーム」などが人気があるようです。

 

6.お中元をいただいたらお返しはどうするの?

お中元をいただいたらどうしたらいいのか解らないですよね!

まず、最初にすべきことはお礼の気持ちを伝える事です。必ずしもお中元を頂いたからといってお返ししなければいけないということはありません。

でも、失礼のないマナーはあるので注意しましょう。

☑まずは、お礼を!
品物をいただいたらまずはお礼状は送らないとマナー違反です。なるべく1日~2日でお礼状を送りましょう。さらにお電話をするとより丁寧ですね!

☑お礼状を送ったあと、やはりお返しをと思う気持ちがあればお返しを贈りましょう

お中元を頂いた時は、「お返し」ではなく「お礼の気持ち」を伝える事が大切です。。

 

 

お中元の贈る時期を過ぎてしまったらどうしたらよいの?

日々いそがしくしていると、ついうっかりと忘れてしまう場合ありますよね!

贈る期間を過ぎてしまっても慌てることはありません。

期間を過ぎてしまった場合は「のし」の表書きに注意してください。

期間内 「お中元」

期間を過ぎたら 「暑中見舞い」※目上の人に贈る場合 「暑中御伺い」

※関東と関西で違うので注意

8月7日立秋以降 「残暑お見舞い」 ※目上の人に贈る場合 「残暑御伺い」

 

最後に・・・。

いかがでしたでしょうか。

マナーといっても深く考えることなく、相手の立場にたって日々のお礼を伝えたいですよね!

アナタにお薦めの記事はコチラ!

 - 夏のこと, 年中行事