リオパラリンピック全盲水泳選手!イケメン木村敬一病気やプロフィール!

   


リオデジャネイロオリンピックも閉幕し、いよいよ9月からはパラリンピックが開幕となります。リオデジャネイロオリンピックではメダル獲得数は史上最多の41個と素晴らしい栄光と感動を私達に届けてくれました。

オリンピックに引き継ぎ、リオデジャネイロパラリンピックでも沢山の感動と勇気を私達に届けてくれることでしょう。

そこで今回は、北京・ロンドンパラリンピックの競泳競技に出場し、ロンドンでは銀メダル・銅メダルを獲得した水泳日本代表木村敬一選手のプロフィールや素顔など、イケメン木村敬一選手についてご紹介していきます。

 

スポンサーリンク

 

リオパラリンピック木村敬一選手プロフィール

GE DIGITAL CAMERAby yoshikawa-ed.net

名 前:木村敬一(きむら けいいち)

生年月日:1990年9月11日

年 齢:25歳

身 長:171㎝

体 重:65㎏

出身地:滋賀県 栗東市

出身校:日本大学

所 属:東京ガス

競技名:水泳

 

 

リオパラリンピック木村敬一選手の経歴

kimuraby iwate2016.jp

木村敬一選手は、1990年9月11日滋賀県栗東市に生まれました。

木村選手が2歳の時、先天性の疾患で視力を失い小学4年生10歳の時、母親が外で遊ぶとケガが多く心配し勧めたのが水泳。木村選手は「水中での自由な解放感が気持ちよかった」と水泳の虜になっていった。

その後、特別支援学校の教師に誘われ中学から本格的にトレーニングを開始しました。

中学3年生の時に出場した「世界ユース選手権大会」で、金・銀・銅のメダルを獲得し、高校3年生の2008年北京パラリンピック出場したが結果はメダルには届かなかったものの、100m平泳ぎ5位・100mバタフライ6位・100m自由形5位と素晴らしい成績をだした。

2012年のロンドンパラリンピックでは100m平泳ぎで銀メダルを獲得。そして、イギリスで開催された2015年IPC世界選手権では、100mバタフライ・平泳ぎの2冠に輝きました。

そして、2016年リオデジャネイロパラリンピックへ実力をつけ、金メダルを狙います。

 

スポンサーリンク

 

視覚障害の競泳のルールは?

競技中、タッパーと呼ばれる介助スタッフが、ターンとゴールの時に選手の頭を専用のスティックで叩いて壁が近いことを知らせます。それ以外はコースから外れないように自力で泳ぎきらないとならないのです。

競技中、隣のコースに間違って入ってしまっても他の選手の妨害にならなければ失格とはなりません。

 

 

リオパラリンピック水泳注目選手!イケメン木村敬一のまとめ

10歳からはの時、母親にすすめられた水泳にのめり込み、メキメキと実力をつけいよいよ今年2016年、リオデジャネイロパラリンピックで金メダルを狙っていきます。

全盲スイマーと言うことで、暗闇の中で前も見えない中ひたすらゴールに向かって泳ぐ。練習も言葉をイメージして泳ぐので人より何倍も練習し泳ぎを完璧にしていきます。本当に、努力されてここまでこられました。

泳いでいる姿は素敵ですし、ふと見せる笑顔もとても素敵な木村選手。

ぜひ、金メダル目指して頑張っていただきたいですね。

 

スポンサーリンク

 

アナタにお薦めの記事はコチラ!

 - スポーツ