潮干狩り子連れ必見!おすすめの服装やあったら便利な持ち物は?

      2017/02/19


春のレジャーと言えば潮干狩りですよね。
とくにゴールデンウィークは遠くに行っても道が混んでいて大変ですが、潮干狩りは近場の海で大人もこどもも楽しめるのでおすすめレジャーです。

そこで今回は、潮干狩り子連れ必見!服装や便利な持ち物についてご紹介します。

ぜひご参考になさってみてくださいね。

 

関連サイト:愛知潮干狩り2017おすすめ穴場や無料場所や沢山採る方法は!

 

スポンサーリンク

 

■潮干狩りの大人とこどもの服装は?

潮干狩りは、絶対に汚れますので大人もこども着替えとタオルは必ず持っていきましょう。
では、潮干狩りの服装についてご紹介します。

●長袖の服
この時期はまだ朝晩冷える時もあるので、上着を持っていきます。
紫外線も強いのでラッシュガードがおすすめですね。

●こどもの服装
絶対に濡れたり汚れたりするで、最初から水着を着せておくのもおすすめです。
水着の上から上着などを着せておくと良いですね。

●ズボン
動きやすく汚れに強い素材がおススメ。
長ズボンだと汚れてしまうので、素材がソフトなモノだと裾を折ることができます。

●靴
履きなれたサンダルや長靴、スポーツシューズなど、かかとが固定できるものが良いでしょう。
小さなこどもの場合は、長靴だと濡れて上手に歩けなくなってしまう場合も多いので、汚れてもよいスニーカーも持っていくと良いですね。

●帽子
紫外線が強い時期なので、帽子は必須アイテムです。
小さなこどもの帽子は、後ろを紫外線からガードでき風で帽子が飛ばされないものが良いでしょう。

●手袋
岩や貝の破片でケガを防ぐために、軍手やビニール手袋を使いましょう。

●タオル
タオルは必需品。
汗や汚れをふくのはもちろん、首に巻いておけば日焼け対策にもなります。
2枚位がおすすめです。

●サングラス
サングラスは目から紫外線を守ります。
UVカットのサングラスがおすすめです。

●日焼け止め
4月~5月はもう紫外線が強くなっています。
顔や腕などには日焼け止めを塗るなどして充分な紫外線対策をしましょう。

 

スポンサーリンク

 

■潮干狩りの持ち物は?


●熊手

掘って貝を探すのに使います。
大人用には、先の尖っている熊手が採りやすいのでおすすめです。
まだ小さなこどもには、砂遊び用の熊手が良いでしょう。
ただ、プラスチックのモノは、海水を含んだ砂が重くすぐに折れてしまうので注意しましょう。

●網やザル
貝を採る時に使います。
網目の細かすぎるものは砂が落ちないので、貝が落ちない程度の少し荒い網をオススメします。100均で売っている手提げ付きのプラスチックカゴでも良いかもしれませんね。

●クーラーボックス
採った貝を持ち帰るのに使います。
クーラーボックスなど蓋付きの入れ物が必須です。

●ペットボトル
貝の砂抜きには、貝を採ったところの海水が一番です。
ペットボトルに海水を入れて持ち帰ります。

●保冷剤
貝を持って帰るときに、クーラーボックスなどに保冷剤を入れて、貝の新鮮度が落ちないようにします。

●消毒や絆創膏
海では岩や貝なので怪我をする場合がありますので、
念のために持っていくことをオススメします。

●食べ物&飲み物
長時間になるので喉も渇きますし、時間によってはお弁当や軽食を持って海で食べるのも楽しいですよね。
こどもには、おやつがあると良いですね!

●レジャーシート
荷物を置いたり、休憩するのに便利です。

●バケツ
バケツはこどものおもちゃを入れたり、こどもが遊んだりできます。

●ビニール袋
汚れた物を入れて持ち帰ります。

●着替え
こどもは絶対に汚れてしまいますので着替えは必須です。

●ウエストバック
貴重品やケイタイなどを入れておきます。

●ウエットディッシュやおしぼり
手を洗えない場所もあるかもしれませんので念のために持って行きましょう。

 

関連サイト:愛知潮干狩り2017おすすめ穴場や無料場所や沢山採る方法は!

 

スポンサーリンク

 

 

アナタにお薦めの記事はコチラ!

 - レジャー, 暮らし