箱根駅伝予選会2019注目の有力選手や見どころは?イケメンはいる?

   

Pocket

毎年お正月に開催される「箱根駅伝」への出場をかけた「箱根駅伝予選会」の時期がやってきました。

今年の「箱根駅伝予選会」は、10月13日(土)です。

来年の「箱根駅伝」は、2019年1月2日(水)・3日(木)に開催されますが11校の出場が決定していますので、残りの11校の出場枠をかけての予選会となります。

そこで今回は箱根駅伝予選会の選手について調べていきましょう。

2019年箱根駅伝の出場決定校は?
箱根駅伝予選会出場校は?
箱根駅伝予選会の注目の選手は?
箱根駅伝予選会の注目のイケメン選手!

それでは一緒に見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

 

2019年箱根駅伝の出場決定校は?

まずは2019年に開催される「箱根駅伝」へ出場が決定している大学を見ていきましょう。

 

■箱根駅伝2019年出場決定のシード校

毎年1月2日から3日の2日間に渡り開催される「東京箱根間往復大学駅伝競走」略して「箱根駅伝」は記録を残さないオープン参加の関東学生連合チームを除き20校で競います。

その「箱根駅伝」出場20校のうち総合成績10位までが翌年の「箱根駅伝」への出場の権利「シード権」を与えられます。

したがって、2019年「箱根駅伝」は2018年の総合成績10位までのシード校が決定しています。

1 青山学院大学(11年連続24回)
2 東洋大学(17年連続77回)
3 早稲田大学(43年連続88回)
4 日本体育大学(71年連続71回)
5 東海大学(6年連続46回)
6 法政大学(4年連続79回)
7 城西大学(2年連続15回)
8 拓殖大学(6年連続40回)
9 帝京大学(12年連続20回)
10 中央学院大学(17年連続20回)
11 日本大学 (2年ぶり88回)     関東インカレ成績枠

日本大学の「関東インカレ成績枠」とは、箱根駅伝第95会記念大会の特別出場枠です。

関東学連に加盟している大学が行う陸上競技大会を関東学生陸上対抗選手権(関東インカレ)と言い、関東インカレ成績枠は、この関東インカレの2014~2018年の男子1部の短距離とその他陸上競技全種目(走り幅跳びやハンマー投げなど)の総合得点が最も多い大学が選ばれるのです。

 

 

箱根駅伝予選会出場校は?

箱根駅伝予選会への参加資格はあるのでしょうか?

関東学生陸上競技連盟男子登録者で2017年1月から2018年9月末までにエントリーしている全員がトラックで1万メートルを34分以内の公認記録があることが条件となります。

今年の箱根駅伝予選会出場校は39校の参加が決定しました。

箱根駅伝の本戦は学生連合1チーム含み23チームが出場できますので、今回の箱根駅伝予選会からは11校が本戦に出場できます。

【第95回箱根駅伝予選会】
日 程 : 10月13日(土)
コース : 東京・立川市陸上自衛隊立川駐屯地(スタート)~国営昭和記念公園(ゴール)
距 離 : ハーフマラソン(21・0975キロ)
時 間 : 9時35分スタート

 

【2018年1月の本戦出場校】

1 順天堂大学 (59回)
2 駒澤大学 (52回)
3 神奈川大学(49回)
4 国学院大学 (11回)
5 中央大学(91回)
6 大東文化大学 (49回)
7 東京国際大学 (2回)
8 山梨学院大学 (32回)
9 国士舘大学 (46回)
10 上武大学  (10回)

 

【過去に本戦出場経験のある大学】

11 創価大学 (2回)
12 明治大学 (59回)
13 専修大学 (68回)
14 東京農業大学 (69回)
15 筑波大学 (62回)
16 亜細亜大学 (33回)
17 平成国際大学(1回)
18 関東学院大学 (6回)
19 立教大学 (27回)
20 東京大学 (1回)
21 防衛大学校 (2回)
22 慶應義塾大学(30回)

 

【本戦への出場経験の無い大学】

23 麗沢大学
24 日本薬科大学
25 流通経済大学
26 桜美林大学
27 駿河台大学
28 武蔵野学院大学
29 明治学院大学
30 東京経済大学
31 東京情報大学
32 東京理科大学
33 学習院大学
34 上智大学
35 一橋大学
36 帝京平成大学
37 首都大学東京
38 東京工業大学
39 高崎経済大学

※()内数字は出場回数となります。

 

スポンサーリンク

 

箱根駅伝予選会の注目の有力選手は?

箱根駅伝本戦に出場する選手は、30分から27分台後半ばかりです。

箱根駅伝予選会の出場選手の中で1万メートル27分台の資格記録を持つ選手を見ていきましょう。

 

■塩尻 和也選手(順天堂大学/27分47秒87)

リオデジャネイロオリンピック代表選考会では3000m障害に出場し、8分36秒45の記録で2位に入賞している実力選手です。

 

■レダマ・キサイサ選手(桜美林大学/27分52秒74)

2017年の箱根予選会では個人トップでゴールしているケニアの留学生の選手です。

 

■サイモン・カリウキ(日本薬科大学/27分55秒10)

2017年の箱根予選会で3位のでコールしているケニアの留学生の選手です。

 

スポンサーリンク

 

箱根駅伝予選会の注目のイケメン選手は?

本戦の箱根駅伝でも毎回イケメン選手が話題となりますが、予選会にもイケメン選手がいるのでしょうか?

気になる選手を見ていきましょう。

 

■越川堅太選手(神奈川大学2年)

名 前 : 越川 堅太(こしかわ けんた)
生年月日: 1997年12月16日(20歳)
出身地 : 神奈川県横浜市
出身校 : 東京実業高等学校
身 長 : 180cm
体 重 :  56.5kg
血液型 : B

《箱根駅伝出場経験》
・2017年第93回大会 3区15位 1:05:11

 

 

■真船恭輔選手(東京国際大学2年)

名 前 : 真船 恭輔(まふね きょうすけ)
生年月日: 1997年10月07日(20歳)
出身地 : 福島県矢吹町
出身校 : 学校法人石川高等学校
身 長 : 171cm
体 重 : 57kg
血液型 : A

 

■渡邊和也選手(東京国際大学)

名 前 : 渡邊 和也(わたなべ かずや)
生年月日: 1987年07月07日(30歳)
出身地 : 兵庫県西宮市
出身校 : 報徳学園高等学校
身 長 : 172cm
体 重 : 55kgg
血液型 : A

 

まとめ

2019年1月2日(水)・3日(木)に開催される「箱根駅伝」の出場枠をかけた「箱根駅伝予選会」が10月13日(土)に開催されます。

「箱根駅伝予選会」出場39校の中から残りの11校の出場枠をかけての予選会となります。

この中でも注目の有力選手は、27秒台保持者の順天堂大学の塩尻和也選手、桜美林大学のレダマ・キサイサ選手、日本薬科大学サイモン・カリウキ選手です。

どの様な走りを見せてくれるか楽しみです。

そしてもう一つ楽しみなのが、イケメン選手の存在ですね!

「箱根駅伝予選会」出場選手の中にもいました!

神奈川大学の越川堅太選手、東京国際大学の真船恭輔選手、東京国際大学の渡邊和也選手です。

他にも素敵な選手がたくさんいらっしゃいます。

応援しながらも探してみるのも楽しみですよね!

それでは最後までお付き合いいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

アナタにお薦めの記事はコチラ!

 - スポーツ , ,