マスク無料詐欺のSMS手口に注意【新型コロナウイルス】!

話題・ニュース

新型コロナウイルス感染の影響で現在マスク不足となってますが、これを悪用した詐欺が出てきてしまいました。

警視庁からも注意の呼びかけのTwitterなどが発信されています。

 

その『マスク無料』詐欺の手口はSMSなどにによるものだそうです。

 

そこで今回は、『マスク無料』詐欺から身を守るためにその手口の内容や何に注意したら良いのかをまとめていきますので一緒に見ていきましょう!

スポンサーリンク

『マスク無料』詐欺って?

 

『マスク無料』詐欺とは、新型コロナウイルスでマスク不足ということに便乗して「マスクを無料送付」「保健所の通知」などと称する攻撃メール。

この詐欺メールのURLにアクセスしてしまうと、クレカ情報詐取を狙うサイトなどへ誘導されてしまうというものだそうです。

 

 

警視庁も注意を呼びかけています。

今わかっている『マスク無料』詐欺の手口は2通りあるそうですので見ていきましょう

 

【マスク無料】詐欺のSMS手口1


出典:https://www.is702.jp/news/3629/

 

詐欺の手口①携帯SMS

●いつから
2月3日ごろから

●詐欺の手口方法
携帯電話のSMSで確認されている

●詐欺の内容
「新型コロナウイルスによる肺炎が広がっている問題で、マスクを無料送付」といった内容

●何に気をつける?
記載されたURLにアクセスしないように注意

 

『マスク無料』詐欺の手口の1つ目は、携帯電話のSMSを利用した詐欺だそうです。

 

インターネットセキュリチィーナレッジの情報によると、SMSに記載されたURLにアクセスすると、XLOADER(エックスローダ)」と呼ばれるスマホウイルスに感染させようとするもだそうです。

万一この不正アプリをインストールしてしまった場合、情報窃取などの危険に晒されてしまうそうなので注意が必要だそうです。

 

【マスク無料】詐欺のSMS手口②

出典:https://www.is702.jp/news/3629/

 

詐欺の手口②Word文書ファイル

●いつから
1月28日前後から拡散

●詐欺の手口方法
保健所をかたる電子メール

●詐欺の内容
いくつかバリエーションがある
「中国武“感”市」という特徴的な誤字や、
「別添通知」の確認を指示して添付ファイルを開かせようとするといった共通点

●何に気をつける?
添付されているWord文書ファイルは開かないこと

 

2つめの『マスク無料』詐欺手口は、「EMOTET(エモテット)」と呼ばれるマルウェア(悪意を持ったソフトウェアの総称)の感染を狙った不正メールによる攻撃だそうです。

インターネットセキュリチィーナレッジの情報によると、マクロを有効化してしまうと、外部の不正サイトからEMOTETがダウンロードされ、実行されてしまうそうなので注意が必要だそうです。

 

まとめ

マスク無料詐欺から身を守るためにその手口の内容などを一緒に見てまいりましたがご参考になりましたでしょうか?

●詐欺手口1、携帯電話のSMSで『マスク無料』といった内容で詐取を狙うサイトへ誘導される。

●詐欺手口2、電子メールによる詐欺はいくつかのバリエーションがあるそうです。「中国武“感”市」という誤字や「別添通知」といった添付ファイルを開かせようとする詐欺を狙うサイトへ誘導される。

どちらにしても『マスク無料』というメールには気をつけ、記載のURLや添付ファイルにアクセスしないように

それでは最後までお付き合いいただきありがとうございました
お役に立てたら幸いです。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました