台風24号で東京や大阪の電車運休や飛行機欠航の影響はあるの?

      2018/09/28

Pocket

9月の初旬に各地に大きな被害をもたらした台風21号ですが、今回の台風24号も「非常に強い」とされています。

台風24号は日本列島を縦断する進路を予想されていますので各地に影響が出る可能性が出てきました。

そして今回の台風24号が接近するのは、9月30日(日)~10月1日(月)とされています。

10月1日(月)に台風が近づいた場合、またもや通勤ラッシュや帰宅ラッシュに影響が出てくる可能性もあります。

台風21号の時も各交通期間に影響があり、帰宅困難になった方々も多くいらっしゃいました。

そこで今回は、台風21号の時のように困らないためにも事前に台風情報をチェックしておきましょう。

①台風24号による交通機関への影響は?

②台風の右側の地域は注意が必要?

③進路予想図の見方?

それでは一緒に見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

 

①台風24号による交通機関への影響は?

まず、台風の勢力を見ていきましょう。

《台風24号》  9月27日(木) 18時現在
・存在地域   沖縄の南の海上
・大きさ階級  大型
・強さ階級   非常に強い
・移動     北 ゆっくり
・中心気圧   955 hPa
・最大風速   45 m/s (中心付近)
・最大瞬間風速 60 m/s

 

前回の台風21号同様、台風24号は『非常に強い』台風となっています。

気になる進路はどうなているのでしょうか?

 

出典:ウェザーニュース

 

現在台風24号の日本列島を日本列島を縦断すると予測されています。

したがって日本各地で影響が出る可能性が出てきました。

影響が出るのは、30日(日)~10月1日(月)と予想されています。

 

出典:ウェザーニュース

台風24号は沖縄の南で勢力を弱めたものの、東シナ海の海面の水温が暖かい方へ移動すると予測されるため、勢力を再び強めるともされています。

そしてこの台風24号の現在の速度は15km~20kmとかなりゆっくり進んでいるので、雨や暴風が長く続く地域も出てくる可能性もあります。

ゆっくり進んでいる台風24号ですが、30日(日)にはスピードを上げ進むとされています。

したがって早いスピードで台風が通過するため台風から離れた地域でも雨や風に注意が必要とされ、台風の進路から少し離れている東京でも注意が必要です。

台風24号は『非常に強い』レベルですので10月1日(月)の通勤ラッシュ時に大阪・名古屋・東京の交通機関への影響が出る可能性があります。

飛行機は特に離着陸時の横風には弱いので、おおよそ風速18mを超えると欠航とばる場合が多くなります。

 

スポンサーリンク

 

各地域の交通機関の運行情報のリンクを貼っておくのでご確認下さい。

【東京(関東)運行情報】
◇鉄道運行情報
在来線/私鉄/地下鉄
東海道新幹線

◇フライト情報
東京国際空港(羽田空港)
成田国際空港

 

【名古屋(中部)運行情報】
◇鉄道運行情報
在来線/私鉄/地下鉄
東海道新幹線

◇フライト情報
中部国際空港

 

【大阪(関西)運行情報】
京阪神エリアで鉄道の運休をあらかじめ告知する「計画運休」が浸透しつつあるので事前に確認することができます。

◇鉄道運行情報
在来線/私鉄/地下鉄
東海道新幹線

◇フライト情報
関西国際空港
大阪国際空港(伊丹空港)

【追記】
関西国際空港は、台風24号による浸水の被害に備えるために滑走路を計画的に閉鎖すると発表しました。

閉鎖は台風が最も接近する時間の7時間前をめどにすそうです。

近畿地方に接近すると見られている時間帯は30日(日)の昼過ぎと予想されています。

関西と空港の閉鎖は約半日程度の見込み。

詳しくは公式ホームページやツイッターで通知されるそうです。

リンクを貼っておくのでご参考になさってください。

関西国際空港ホームページ
関西国際空港ツイッター

 

②台風の右側の地域は注意が必要?

「台風の右側は風が強い!」という事を聞いたことありますか?

台風24号の進行方向の右側に大阪・名古屋・東京が入っていいます。

なぜ「台風の右側は風が強い!」のか見ていきましょう。

出典:ウェザーニュース

画像を見てみましょう。

・右側 台風を移動させる風と中心に向かって巻き込む風の向きが一緒になり風の勢力が増す
・左側 台風を移動させる風の向きと、中心に向かって巻き込む風の向きが違うのでぶつかり合って風の勢力が弱まる

したがって台風の進行方向の右側の地域は風の勢力が強くなるのです。

 

スポンサーリンク

 

③進路予想図の見方?

台風情報などの進路予想図でよく2種類の丸い円を見かけませんか?

「なぜ2つの円があるの?」と思われている方も多いので少し調べてみましょう。

出典:ウェザーニュース

 

《予報円》
台風の中心の次に点線で描かれている円を「予報円」と言い、
“予想された時間に、台風の中心が到達する可能性がある範囲を予想したもの”です。

《暴風警戒域》
「予報円」の次にいちばん外側に実線で描かれているのが「暴風警戒域」と言い、
“予想された時間に、台風の中心が「予報円」の中にきた場合、暴風域に入る可能性のある範囲を示したも”です。

もしお住まいの地域にこの「暴風警戒域」の円が入っていたら交通機関への影響が出る可能性がありますので注意しましょう。

 

●警報をチェックする

台風がくると働いているママにとって「警報」が一番気になりますよね。

「暴風警報」が出てしまうと子供の幼稚園や学校が休みになります。

警報が出ているかをチェックできるアプリも色々とありますので利用してみるのも良いかもしれませんね!

ウェザーニュースタッチ
App Store
Google Play

 

◇まとめ

台風24号は、30日以降には勢力をたもったままスピードを上げて日本列島を横断していくと予想されています。

「非常に強い」台風とされていますので雨や風に注意が必要です。

また大阪・名古屋・東京に接近するのは30日から1日です。

1日の夜中に台風が通過してくれると良いのですが、もし明け方ともなれば交通機関に影響がでる可能性があります。

最新の台風情報を確認しつつ台風に備えましょう。

スポンサーリンク

アナタにお薦めの記事はコチラ!

 - 天気