台風21号2018のピークはいつ?各社の飛行機欠航や高速道路への影響は?

   

Pocket

今年、最も強い台風が本州へ接近し上陸すると予想されています。

強い台風と言うことは、各地に様々な影響が出ると思われます。

事前に回避出来ることもあります。

・台風21号のピークはいつになる?

・飛行機の遅れや欠航はあるのか?

・高速道路は通行止めになるのか?

事前に確認しておきましょう。

 

スポンサーリンク

 

◇台風21号の影響のピークはいつ?

猛烈な台風21号は、今年最も強い勢力と言われていますが、影響が出始めるのはいつなのでしょうか?

中心気圧 : 915hPa

最大風速 : 55m/s

最大瞬間風速 : 75m/s

勢力を強くし本州へ接近しています。

接近・上陸するのは、

4日(火)~ 5日(水)

と予想れています。

4日には九州南部に接近する可能性が出てきています。

 

衛生画像を御覧ください。

台風21号は「台風の眼」がくっきりと見えています。

台風の中心に小さくはっきりと「台風の眼」が確認できます。

この「台風の眼」がくっきりと確認できる場合は台風の勢力が強くなるそうです。

猛烈な台風21号ですが、交通機関への影響も気になります。

 

スポンサーリンク

 

◇飛行機の遅れや欠航状況は?

それでは飛行機の遅れや欠航について見てみましょう。

飛行機が欠航になる明確な基準がある訳ではありません。

特に国内線の場合は、危険な状況が分かりながらも飛び立つことは控え欠航となる場合が多いようです。

各航空会社は飛行機の機種の判断マニュアルがあり、それにのっとって判断されます。

飛行機は特に離着陸の時の横風に弱く、おおよそ風速18mを超えると運航は厳しくなるようです。

各航空会社の運行状況を確認できるリンクを貼っておくのでご確認下さい。

■ANA
Twitter
運航状況のご案内

■JAL(国内線)
運航状況のご案内

■JAL(国際線)
運航状況のご案内

■スカイマーク
運航状況のご案内

■ピーチ
運航状況のご案内

■ジェットスター
運航状況のご案内

 

次に台風による高速道をの通行止を見てみましょう。

 

 

◇台風で高速道路は通行止めになるの?

台風21号が接近すると予想されているのは4日(火)から5日(水)です。

お仕事で高速道をを利用される方も多いでしょう。

台風で高速道路は通行止めとなるのでしょうか?

結論は、

高速道路は台風で通行止めとはなりません。

『基準値は、雨の降った量と雨の強さから決まる』そうです。

*降った量とは雨が降り始めてからの雨量(累積雨量)

*雨の強さとは1時間に降った雨量(時間雨量)

しかし、この基準は場所によって違い過去の災害状況のよって基準が決められているようです。

 

◇まとめ

猛烈な台風21号のピークは4日(火)から5日(水)と予想されています。

今年の台風の中で最も勢力が強いとされていますので交通機関への影響も免れません。

離着陸時の横風に弱い飛行機は得に欠航が多く見られる可能性があるのではないでしょうか。

雨量も気になる台風ですので地域によっては高速道路の通行止めもあるかもしれません。

それでは最後までお付き合いいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

アナタにお薦めの記事はコチラ!

 - 暮らし