米津玄師の人気曲がドラマ主題歌やCMに!泣けるおすすめ曲4選!

   

Pocket

今話題のシンガーソングライターの米津玄師さん。

米津玄師さんの楽曲の中で5曲がYouTube動画で動画再生数が1億回数を越えている2018年注目のシンガーソングライターです。

米津玄師さんの曲は、ドラマやCMにも多く起用されており、知らない間に耳にしている曲もあります。

 

そこで今回はまだ米津玄師さんを知らないあなたにおすすめ曲をご紹介していきます。

1) 米津玄師のドラマ主題歌
2) 米津玄師のCM曲
3) 米津玄師の映画主題歌
4) 米津玄師のアニメ主題歌
5) まとめ 

それでは一緒に見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

 

1) 米津玄師のドラマ主題歌

米津玄師さんの楽曲はドラマの主題歌にも起用されています。

順番に見ていきましょう。

■“Lemon” 『アンナチュラル』主題歌

「Lemon」(レモン)は2018年3月14日に発売された米津玄師さんのメジャー8枚目のシングル。

この曲はドラマ『アンナチュラル』のために書き下ろし、米津玄師さんのドラマ初となった楽曲です。

 

「Lemon」は2018年2月26日からYouTubeで公開され、わずか約13時間で100万回再生、
半年で1億5千万回も再生されています。

そして2018年2月26日付のオリコン週間デジタルシングルランキングでは、初登場1位で約23.6万ダウンロードされ、5月には累計ダウンロード数が100万回を突破!

 

米津玄師さんは10代20代に人気のシンガーソングライターでしたが、「Lemon」によって10代から50代までの幅広い年齢層に人気が広まりまった代表曲です。

なぜ幅広い年齢層に人気が広まったのでしょうか?

米津玄師さんの「Lemon」は、心を優しく包んでくれるような気持ちになれる曲。

この曲を手掛けている時に米津玄師さんは、お祖父様を亡くされています。

お祖父様を亡くされた悲しく辛い思いが「Lemon」の楽曲の中に入り込んでのでしょうね。

そんな実体験の気持ちが人の心を癒す曲となり幅広い年齢層から支持をされたのではないでしょうか!?

米津玄師さんの「Lemon」は心にグッとくる泣けてしまうおすすめ1曲目の楽曲です。

 

 

2)米津玄師さんCM曲

米津玄師さんの楽曲は多くのCM曲として起用されています。

それでな順番に見ていきましょう。

■“TEENAGE RIOT” 『マンダム』CM曲

『GATSBY COP』は「キャツビー」のCMで有名なコスメブランド「マンダム」の新CMシリーズです。

主演の柳楽優弥さんと新田真剣佑さんが刑事となって登場するこのCMに米津玄師さんの新曲「TEENAGE RIOT」が起用されています。

このCMは、10月8日(月)より全国でオンエアされる予定です。

そしてこのCM曲は、米津玄師さんの9枚目ニューシングルとなる『Flamingo / TEENAGE RIOT』が2018年10月31日に発売されます。

 

ところで「TEENAGE RIOT」(ティーンエイジライオット)とはどんな楽曲になるのでしょうか?

言葉の意味をしらべてみると「TEENAGE」とは10代の少年少女を表す言葉で、「RIOT」とは暴動という意味になります。

直訳してしますと「10代の少年少女が集まって騒ぎを起こし、社会の秩序を乱す」となります…。

少し過激な意味になってしまいました…。

米津玄師さんがどんなメッセージを送るのか10月31日の発売を楽しみに待ちましょう!

 

スポンサーリンク

 

■“Lemon” 『ソフトバンク』CM曲

先にご紹介したドラマ『アンナチュラル』の主題歌として書き下ろされた楽曲ですが、あのソフトバンクの「白戸家ミステリートレイン」に起用されています。

CMの中で探偵に扮する堺雅人が現場に残されたスマホを見た時に「Lemon」が出てきます。

米津玄師さんの楽曲「Lemon」は、YouTubeで10月現在、約1億7千回再生されている多くの人に指示されている楽曲ですね。

本当に何度聞いても心に響く素敵な楽曲です。

 

■“アイネクライネ” 『東京メトロ』CM曲

2014年4月から放送された堀北真希さん出演の「東京メトロ」のCMに米津玄師さんの楽曲「アイネクライネ」が起用されています。

2014年4月23日にリリースされた米津玄師さんのメジャー1枚目、通算2枚目となるアルバム「YANEKEE」の中に「アイネクライネ」は収録されており、米津玄師さんの楽曲の中でも人気の高い曲でYouTubeで10月現在約1億3千回再生され現在も人気の高いおすすめの曲です。

米津玄師さんの「アイネクライネ」は心に何かを感じ泣けてしまう人も多い曲です。

ただファンの中でこの曲は歌詞の意味がわからない!という声も多く、確かに内容がわかりにくいですよね。

ファンの中でこの歌詞は母と生まれてくるこどもの話ではと解釈されています。

妊娠して出産を迷った母の思い、そして産んで良かったと思う気持ちを歌っているのではないでしょうか!?

歌詞の内容を解釈して再度聞いてみると心に響き泣けてしまうおすすめ2曲目の楽曲です。

 

スポンサーリンク

 

■“Flowerwall” Nikon D-5500 CM曲

ニコンの一眼レフカメラ「D-5500」CMソングに米津玄師さんの「Flowerwall」が起用されました。

2015年2月から公開されたこのCMは、お父さん役の小栗旬さんがこども達の成長をカメラに記憶するという温もりある優しさ溢れるCMとなっています。

米津玄師さんの「Flowerwall」は2015年1月14日にメジャー3枚目となるシングルです。

オリコン週間ランキングでは、初登場の3位と米津玄師さんにとってシングルとして初めてのトップ10位を果たした楽曲です!

この曲は米津玄師さんが曲が作れなくて環境を変えるために引っ越しをした後にできた曲の中の1曲だそうです。

この曲は「ネガティブな意味としての立ちふさがる“壁”と、ポジティブな意味としての“花”、その複合体である“花の壁”」と米津玄師さんが語られています。

この「壁」を米津玄師さんは「Flowerwall」という曲にして“色々な色の壁を乗り越えていこう”と素敵なメロディーに乗せてメッセージを送っているんですね!

中津玄師さんの「Flowerwall」も心から優しさが溢れ泣けてくるおすすめ3曲目の楽曲です。

 

■“LOSER” 『HOND』AJADE CM曲

Honda「JADE(ジェイド)」の2018年5月からのCMに米津玄師さんの「LOSER」が起用されました。

「LOSER」は、米津玄師さんのメッセージ5枚目のシングルで2016年9月にリリースされました。

「LOSER」はHonda「JADE(ジェイド)」のCM放送後、ミュージック・ビデオの再生回数1億回を超え米津玄師さんの代表曲の中の1曲となりました。

もうひとつ話題となったのは、この「LOSER」で中津玄師さんはミュージック・ビデオで初のダンスを披露しています!

中津玄師さんはダンスまで出来てしまうとは、本当の様々な才能の持ち主なんですね!

アップテンポな曲に「また踊り踊り出す明日に 出会うためにさよなら」と前を向いて「行こうぜ!」と仲間に一緒に前に進もうぜ!語りかけているように感じる曲ですね!

「LOSER」はちょっと気分が前に進まない時に聞くとなぜか気分がスッキリしますよ!

 

3)映画主題歌

米津玄師さんの楽曲は映画の主題歌にも起用されていますので見ていきましょう。

■“NANIMONO” 『何者』主題歌

2016年10月15日に公開された映画『何者』の主題歌に「NANIMONO」が起用されています。

この「NANIMONO」は米津玄師さんと中田ヤスタカさんとのコラボ楽曲で、米津玄師さんが作詞とボーカルを担当しています。

中津玄師さんは他の人が作った曲に自分で作った歌詞を乗せるのは初めて!

そしてその出来上がった曲を歌うのも初めて!だそうです。

 

中田ヤスタカさんと言えば、きゃりーぱみゅぱみゅやPerfumeなど手掛けています。

このふたりの曲に引き込まれた人も多いのではないでしょうか!

 

スポンサーリンク

 

■“打上花火” 『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』主題歌

1995年に公開されたアニメ映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』の主題歌です。

この映画は第41回日本アカデミー賞の「優秀アニメーション作品賞」を受賞した作品で、この曲も聞いたことがあるのではないでしょうか!?

「打ち上げ花火」は、シンガーソングライターのDAOKOさんと米津玄師さんによるコラボレーション楽曲!

YouTubeにミュージック・ビデオが公開されてわずか3日で動画再生数が220万回!

「くせになる」「ハマる歌」「好きすぎる」などとSNS上で話題となった映画の物語通り、夏にピッタリの楽曲となっています。

 

 

4)アニメ主題歌

アニメのテーマ曲にも起用されていますので見ていきましょう。

 

■“ピースサイン” 『僕のヒーローアカデミア』オープニングテーマ曲

「ピースサイン」は、2017年6月21日に発売された米津玄師さんのメジャー7thシングル!

この曲がTVアニメ『僕のヒーローアカデミア』の第2期オープニングテーマに起用されています。

YouTubeでは、公開開始からわずか1週間で500万再生、現在では約1億回再生されている米津玄師さんの代表楽曲です。

この曲は、米津玄師さんが子供の頃に漫画やアニメを見ていた頃を思いだしながらワクワク・ドキドキするような楽曲に仕上げたそうです。

 

■“orion” 「3月のライオン」エンディングテーマ曲

「orion」は、米津玄師さんの6枚目のシングルで2017年2月15日に発売されています。

この曲「orion」は、アニメ「3月のライオン」のエンディングテーマとして起用されています。

米津玄師さんには珍しく恋愛の気持ちをストレートに歌っている曲で、冬の歌を作ろうと思った時に小さい頃に見た冬の星座「オリオン座」をテーマにして作ったそうです。

曲の中の「神様 どうか 声を聞かせて ほんのちょっとでいいから もう二度と離れないように あなたと二人 この星座のように 結んで欲しくて」のサビの部分はとっても大好きな部分です。

米津玄師さんの歌声とメロディーそして歌詞が素晴らしいく、心が温まる泣けてしまう4曲目のおすすめの曲です。

 

5)まとめ

米津玄師さんのドラマやCM、映画の主題歌等に起用されている楽曲を調べてみましたがいかがでしたでしょうか?

米津玄師さんの曲の中でYouTube動画の再生数が1億回数を越えている曲が5曲もある理由が納得ではないでしょうか!

ドラマや映画の主題歌、CM曲もたくさん彼の楽曲が起用されていました。

知らず知らず米津玄師さんの曲を耳にしている曲もありましたね!

米津玄師さんの曲の中で泣けるおすすめの曲は「Lemon」「アイネクライネ」「orion」「Flowerwall」もどれもグッときます。

そしてちょっと気持ちが落ち込んだ時には「LOSER」がおすすめです。

米津玄師さんの楽曲は、どんな気持ちの時に聞いても心にスッと入ってきます。

ただ、テレビ出演をほとんどされない米津玄師さんです。

もっとテレビに出て欲しい気もしますが、彼の素敵な歌声やメロディーはライブなど生で聴くのが1番かもしれませんね!

今後もたくさんの素敵な曲を楽しみにしています。

それでは最後までお付き合いいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

アナタにお薦めの記事はコチラ!

 - 芸能 , , ,