関本勇輔(履正社)中学や経歴は?父親が元阪神の選手だった!

スポーツ

高校野球で今注目の選手は履正社高校の関本勇輔選手!

履正社高校の関本勇輔選手はドラフト2020年の候補でもあります。

そこで今回は、履正社高校の関本勇輔選手の出身中学や経歴、そして父親が元阪神の選手の噂やイケメン画像まで一緒に見ていきましょう!

スポンサーリンク

関本勇輔(履正社)の中学時代は無名だった?

まずは関本勇輔選手のプロフィールを見ていきましょう!

関本勇輔選手のプロフィール

名 前 : 関本 勇輔(せきもと ゆうすけ)

生年月日: 2002年9月28日

出身地 : 兵庫県西宮市出身

身 長 : 177cm

体 重 : 78㎏

関本勇輔選手は、夙川小学校出身。

小学1年生から『夙川少年野球』で軟式野球を始められています。

小学校卒業後は地元の西宮市立苦楽園中学校へ進学されています。

中学時代の関本勇輔選手は、兵庫県神戸市にある中学生硬式野球のリトルシニアチーム『兵庫西宮ボーイズ』に2015年から3年間所属しされ捕手としてプレーされていたそうです。

関本勇輔選手は中学1年の時に、2015年ボーイズ春季全国大会に出場しいていますが、1回戦で敗退

それ以降の中学2年、中学3年での全国大会出場経歴の情報はありませんでした。

関本勇輔選手の中学時代は目立った選手ではなかったようです。

それでは、高校へ入学後の関本勇輔選手について見ていきましょう!

関本勇輔(履正社)高校の成績やドラフト候補の実力が凄い!

この投稿をInstagramで見る

しおり(@shiori.112610)がシェアした投稿

中学時代の関本勇輔選手の目立った活躍はみられませんでしたが、履正社高校での活躍は、みなさんもうご存知ですよね!

まずは、関本勇輔選手の履正社高校の全国大会での成績も見ていきましょう!

履正社高校の全国大会での成績

●2019年 ー 選抜高等学校野球大会(1回戦)

●2019年 ー 全国高校野球選手権大会(優勝)

●2019年 ー 国民体育大会(ベスト4)

関本勇輔捕手は2018年に履正社高校へ入学します。

そして2019年の高校2年の時に新主将に就任し、2019年夏の甲子園大会で悲願の初優勝に輝いています。

履正社高校の主将でもある関本勇輔選手の“肩”は、高校生ではトップクラスと言われています。

トップクラスの肩

●二塁送球完了タイムが最速1秒89

●遠投120メートル

関本勇輔選手の“肩”は、高校生ではトップクラスの肩だそうで、2020年のドラフト候補とも言われています。

関本勇輔選手のドラフト候補の理由についても記事を見つけました!

「肩もいいし、バッティングもいい。勝負強さもある。今の段階で、十分(来年ドラフトの)候補に入ってくると思いますよ」

引用:スポニチ

阪神の畑山俊二統括スカウトが大絶賛されていますので、これは期待が大きいですね!

今からドラフト会議が楽しみになってきました!

スポンサーリンク

関本勇輔(履正社)父親は元プロ野球選手!

関本勇輔選手の父親は、元阪神の関本賢太郎選手だたんです!

元阪神の関本賢太郎選手がどんな選手だったのでしょうか?

父:関本 賢太郎プロフィール

名 前 : 関本 賢太郎(せきもと けんたろう)

出身地 : 奈良県橿原市

生年月日: 1978年8月26日

ポジション:二塁手、三塁手、一塁手

プロ入り: 1996年 ドラフト2位

初出場 : 2000年10月3日

最終出場: 2015年10月12日

関本勇輔選手の父親は、元プロ野球選手の関本賢太郎選手!

現役時代は阪神タイガースで19年在籍し内野手として活躍した選手だったんですよ!

高校時代は天理高校野球部で夏の甲子園にも出場経験があり、1996年のドラフト会議で阪神タイガースから2位指名を受けて入団されています。

関本勇輔選手も父親と同じ様に甲子園出場経験ありで、阪神の畑山俊二統括スカウトも大絶賛!

親子で阪神の選手になれたら素敵ですね!

関本勇輔(履正社)のイケメン画像

この投稿をInstagramで見る

せこけんた(@kenta_seko)がシェアした投稿

この投稿をInstagramで見る

N(@yakyu_ky_t_gram)がシェアした投稿

この投稿をInstagramで見る

@skl__89がシェアした投稿

この投稿をInstagramで見る

太(@s.kodai5151)がシェアした投稿

笑顔も素敵ですが、ミットを外した姿もイケメンで素敵ですね!

まとめ

履正社高校の関本勇輔選手の出身中学や経歴、そして父親が元阪神の選手の噂やイケメン画像まで一緒に見てまいりましたがご参考になりましたでしょうか?

関本勇輔選手は、兵庫県西宮市出身で地元の西宮市立苦楽園中学校を卒業されています。

中学時代は、『兵庫西宮ボーイズ』に2015年から3年間所属し捕手としてプレーし、中学1年の時に2015年ボーイズ春季全国大会に出場しいていますが1回戦で敗退。

中学卒業後は、履正社高校へ進学し2019年春の選抜大会でベンチ入り同じ年の秋から主将に就任。

そして2019年夏の甲子園大会で悲願の初優勝に輝いています!

関本勇輔選手の“肩”は、高校生ではトップクラスを誇り、2020年のドラフト候補と言われています。

そんな注目の関本勇輔選手の父親は阪神タイガースで19年在籍していた元プロ野球選手の関本賢太郎選手だったんです。

今後の関本勇輔選手が楽しみですね!

それでは最後までお付き合いいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました