伊藤大海(駒大苫小牧)が中退した理由!日本代表のドラフト有力候補!

スポーツ

2020年は春夏とも選抜高校野球大会が中止となってしまいましたが、そんな中今年のドラフト有力選手が話題になってきましたね!

それは苫小牧駒澤大学の伊藤大海投手に注目が集まっていますね!

今年のドラフトは例年よりも約2週間遅い11月5日に開催される予定!

今から楽しみですね!

それでは今回は今話題となっている伊藤大海投手についてまとめていきましょう!

スポンサーリンク

伊藤大海(駒大苫小牧)プロフィール

Login • Instagram
Welcome back to Instagram. Sign in to check out what your friends, family & interests have been capturing & sharing around the world.
プロフィール

名前:伊藤 大海(いとう・ひろみ)

出身地:北海道鹿部町出身

生年月日:1997年8月31日

年齢:23歳(2020年5月現在)

身長:176cm

体重:82kg

伊藤大海投手は、鹿部町立鹿部小学校を卒業されています。

そんな伊藤大海投手が野球をはじめたのは鹿部小学校2年の時だそうです。

野球をはじめたきっかけの情報はありませんでしたが、地元の鹿部クラップスに所属されていたそうですよ!

伊藤大海投手が12歳のときの画像ですね!

今の顔立ちからして左側の画像が伊藤大海投手ではないでしょうか?

小学校卒業後は地元の鹿部中学校に進学されます。

中学時代は函館東シニアに所属していた伊藤大海投手。

函館東シニアについて調べてみると、卒団生には甲子園出場経験の方も多いようですね!

駒澤大学苫小牧高時代は甲子園に出場!

中学卒業後の伊藤大海投手は、地元北海道にある駒澤大学附属苫小牧高校へ進学されます。

北海道小牧市にある高校でよく「駒大苫小牧」や「駒苫」と呼ばれている市立高校です。

もちろん野球部は甲子園出場経験のある名門校でもあり、あのメジャーリーガーの田中将大も卒業生!

伊藤大海投手は、1年生秋から野球部のベンチ入りをする実力の持ち主で、主戦格として登板するほどだったとか!

2018年の高校2年生の時、春の選抜高校野球(センバツ)では甲子園2回戦まで進出された経験もあるんですよ!

その後2年の夏、伊藤大海さんは肘を痛めてしまいます。

そのために秋までは外野手としてプレーをされていました。

伊藤大海投手が3年生の時は、キャプテンとしてエースとしてチームを引っ張ていたそうですよ!

スポンサーリンク

伊藤大海は大学でビジョンが見えず中退!

高校卒業後は駒澤大学へ入学した伊藤大海投手。

その実力から駒澤大学の1年の春から東都2部リーグ戦に出場するなど、1年目から合計8試合に起用され活躍されていました!

しかし、1年の10月に駒澤大学中退されています。

駒澤大学引退の理由

甲子園に導いた駒大苫小牧高から進学した。「4年間のビジョンが見えてこなかった」

引用:サンスポ

サンスポの記事によると大学を中退した理由は、伊藤大海さんは大学での4年間を考えた時、未来像(ビジョン)が見えず、大学を一度辞めて出直すことを決めたそうです。

中退後の翌年の4月には、伊藤大海投手は苫小牧駒澤大学に入学!

再出発した伊藤大海さんの1年目について、規定により公式戦に出場できず「今までで一番つらい1年だった」。リーグ優勝、全国1勝を経験し「遠回りしたが結果が出て良かった」と取材に答えられていました。

そして公式戦に出場できなかった1年間は
“強化期間”として、特に肉体改造とフォーム修正に時間をあてていたそうですよ!

伊藤大海は駒大苫小牧で2年連続日本代表!

1年間のつらい時期を乗り越えた伊藤大海さんは大学2年の時、日本代表に選出されていました!

侍ジャパン大学代表歴

2018年

2019年

2020年 ⇔ 中止

2018年と2019年、2年連続日本代表に選出された伊藤大海投手!

本当は2020年も侍ジャパン大学日本代表選考合宿参加メンバーに選出されていたんです!

しかし今年2020年は、残念ながらコロナウィルスにより中止となってしまいましたね!

スポンサーリンク

伊藤大海(駒大苫小牧)はドラフト注目選手!

2020年は、侍ジャパン大学代表としての伊藤大海さんの活躍を楽しむことが出来ませんでしたが、伊藤大海投手は現在大学4年生

ドラフトイヤー!です!

2020年5月8日の 記事にドラフト候補に伊藤大海投手の名前がありましたよ!

苫小牧駒大・伊藤大海は最速155キロでクローザーの特性がある

引用:週間ベースボール

スポニチの取材では「2020年もやることは変わらない。むしろ、これまで以上のものを“追い求める”一年でもある」と答えられていました。

そして今年のスカウト人のコメント記事もありました!

まずは日ハムのスカウト人のコメント”

今年のドラフト戦線については「昨年の佐々木朗希のようにずぬけた選手がいない。各球団の需要で1位が割れる可能性がある」と見ていた。

引用:スポニチ

あら?

今年はずば抜けた選手がいないと”

いやいや、スポニチのこの記事を見てください!

特に苫小牧駒大の154キロ右腕・伊藤大海(ひろみ)投手(3年)は1位候補の呼び声が高い。

引用:スポニチ

やはり1位指名候補に伊藤大海投手の名前が!

期待大ですね!

まとめ

好きな選手は、カブスで活躍するダルビッシュ有選手!という伊藤大海投手。

「タイプは全然違うが、考え方とか、今までにないものをつくり上げようとしている方で尊敬」とインタビューに答えらていました。

小学2年生からはじめた野球。

高校2年の春に甲子園も経験し、駒澤大学に入学し活躍するもその約半年後にはビジョンが見えてこないを理由に中退!

その翌年に入学した苫小牧駒澤大学で2年連続侍ジャパンとして活躍もされています。

そんな伊藤大海投手が、2020年11月に開催されるドラフトの候補選手として今からも注目されること間違いないですよね!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました