[愛唄]映画はグリーンの実話?主題歌や挿入歌 上映期間はいつまで?

   

Pocket

GReeeeNの大ヒット曲「愛唄」が来年映画化されますね!

「愛唄」は2007年に大ヒットしたGReeeeNの代表曲でもあり、

今度は「愛唄」が映画『愛唄 -約束のナクヒト-』となりGReeeeNがメッセージを送ります。

GReeeeNの大ヒット曲「愛唄」が流れるだけで涙がでてしまうのに、この曲が映画となると創造しただけでも涙!絶対にでますよね!

 

そこで今回は気になることは、

 ①映画『愛唄 -約束のナクヒト-』のあらすじは実話?

 ②映画『愛唄 -約束のナクヒト-』の主題歌や挿入歌

 ③映画『愛唄 -約束のナクヒト-』のキャスト

 ④映画『愛唄 -約束のナクヒト-』の上映期間

 ⑤映画『愛唄 -約束のナクヒト-』のまとめ

それでは一緒に見てきましょう。

 

スポンサーリンク

 

①映画『愛唄 -約束のナクヒト-』のあらすじは実話?

お聞きになりましたか?

GReeeeNの「愛唄」は、心に響き本当に何度聞いても素晴らしい曲ですよね。

 

この大ヒット曲「愛唄」は、GReeeeNがリリースした3作目となり、

オリコンシングルチャート、最高位第2位

CD売り上げ、約30万枚

着うた・着うたフルを合わせたダウンロード数、525万

と、大ヒットした曲です。

 

このGReeeeNの代表作「愛唄」がどの様な映画となるのでしょうか?

 

この大ヒット曲「愛唄」の後にリリースした曲が「キセキ」です。

この曲も2017年に映画化され『キセキ -あの日のソビト- 』となって公開されましたね!

映画『キセキ -あの日のソビト- 』は、GReeeeNの結成までの実話が映画化されました。

この映画は、興行収入14.9億円と大ヒットを記録しました。

 

前作の映画『キセキ -あの日のソビト- 』はGReeeeNの結成までの実話でしたが、

今回公開される映画『愛唄 -約束のナクヒト-』は実話となるのでしょうか?

 

映画『キセキ -あの日のソビト- 』はGReeeeN楽曲が映画化されるわけではなく、GReeeeNが「愛唄」を作った時と同じ思いをもって、今の時代に伝えるべきメッセージを込めた映画となります。

GReeeeNの実体験も含めながら作られた「恋の青春物語」になります。

実話ではなく「GReeeeNが『愛唄』を作った時と同じ思いをもって、今の時代に伝えるべきメッセージを送る」と伝えられています。

 

スポンサーリンク

 

では、映画はどの様なあらすじになるのでようか?

GReeeeNからのメッセージを見ていきましょう。

脚本:GReeeeN

いまを生きるってなんでしょう?

なぜ我々GReeeeNが脚本にチャレンジする事にしたか。

それは皆さんに伝えたいことが『いま』あるからです。

恋してますか?
好きな人はいますか?
その人を大切にしてますか?
大切に想えてますか?

この映画を観てくれた方にきっと輝いて欲しい、ずっと恋をして欲しい、いまを生きて欲しい。
そんな想いを清水匡さんとタッグを組んで脚本にしてみました。

僕たちにとっての新しい挑戦が、皆さんの何かのキッカケになれたらと願っています。

2019年公開、お楽しみに!

次に監督の川村泰祐さんのメッセージを見ていきましょう。

監督:川村泰祐
GReeeeNさんから、とても素敵な脚本を頂きました。

「大好きな君へ」

この歌詞で始まる「愛唄」を聞きながら主役の横浜流星君と共に、僕たちの精一杯の「今、伝えたい想い」を撮影していきたいと思います。

ご期待ください!

いかがですか?

脚本を書き下ろしたGReeeeNと監督の川村泰祐さんからのメッセージ、

共に「今、伝いたい想い」と語られています。

「いま」です。

このGReeeeNと監督の川村泰祐さんからのメッセージが映画化される映画『キセキ -あの日のソビト- 』のあらすじを見てきましょう。

 

■映画『キセキ -あの日のソビト- 』のあらすじ

主人公のトオル、彼は恋をする勇気を持てないまま大人になってしまった。

 

トオルに二つの出会いが起きた。

一つは、元バンドマンの旧友・龍也との再会。

もう一つは、運命を変える詩との偶然の出会い。

 

今まで手を握ることすらしてこなかったがトオルは、

龍也の声に恋する勇気をもらい、

その詩から恋に生きる力をもらう。

 

トオルがようやくめぐり会えた運命の少女・凪。

しかし、彼女にはある秘密があった・・・

 

龍也の声が生んだ恋する勇気。

凪の言葉が教えてくれた生きる意味。

そしてトオルが二人に気付かせた、“本当にやりたいこと”。

 

限られた時間の中で、トオル・龍也・凪の三人の”本当”が重なった時、

一つの唄が生まれる。

 

それでは、映画を盛り上げる主題歌や挿入歌を見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

 

②映画『愛唄 -約束のナクヒト-』の主題歌や挿入歌

映画『愛唄 -約束のナクヒト-』の主題歌は、

もちろん、GReeeeNの代表作「愛唄」ですよね。

 

挿入歌は「愛唄」以外に映画の中にあるのでしょうか?

挿入歌はについては情報がまだありませんでした。

 

2017年に公開された映画『キセキ -あの日のソビト- 』では、

「声」が挿入歌となりました。

 

次に、キャストを見ていきましょう。

 

③映画『愛唄 -約束のナクヒト-』のキャスト

川村泰祐監督とGReeeeN、そして期待の若手&実力派俳優、『キセキ -あの日のソビト-』を大ヒットに導いたスタッフが再集結し撮影された『愛唄 -約束のナクヒト-』のキャストを見ていきましょう。

 

横浜流星 主演 トオル役

清原果耶 伊藤凪役

飯島寛騎 坂本龍也役 トオルの“生涯の友”であり元バンドマン

成海璃子 相川比呂乃役 トオルの初恋相手

財前直見 透の母親役

富田靖子 伊藤凪の母親役

中山美穂 橋野冴子役 比呂乃を見出す大女優

中村ゆり 小池妙子役 透の担当看護婦

西銘駿 マサオ役 龍也のバンド仲間

野間口徹 副島浩一役 冴子の事務所幹部

奥野瑛太 タコス屋の店長役

期待の若手俳優のひとり、主演を務める横浜流星さんは2014年に放送された「烈車戦隊トッキュウジャー」でトキュウ4号役を演じ、今や人気の若手俳優となっています。

NHK連続テレビ小説「あさが来た」で女優デビューされ、モデルとしても女優としても活躍中の清原果耶さんも期待の若手俳優のひとりです。

その他に実力派俳優が映画『愛唄 -約束のナクヒト-』のキャストとなっていますので期待が大きいですね!

 

さて、最後に映画『愛唄 -約束のナクヒト-』を見逃さないように上映期間を見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

 

④映画『愛唄 -約束のナクヒト-』の上映期間

映画の公開日は、2019年1月25日(金)

いつまで公開されるのか正式には発表されていませんが、

公開期間はその映画がヒットしているかどうかで決定されます。

 

 ・最も短くて約2週間

 ・少しヒット作で約1ヶ月から1ヶ月半

 ・大ヒット作で約2ヶ月から3ヶ月

 

映画『愛唄 -約束のナクヒト-』は大ヒットを期待します!

 

⑤映画『愛唄 -約束のナクヒト-』のまとめ

映画『キセキ -あの日のソビト- 』は実話ではなく、GReeeeNが「愛唄」を作った時と同じ思いをもって、今の時代に伝えるべきメッセージを込めた映画となります。

そして映画は主人公のトオルの二つの出会いがからはじまる「恋の青春物語」になります。

挿入歌はまだ正式に発表はありませんが、前回同様GReeeeNの素敵な楽曲が入ってくることでしょう。

上映期間もヒットするかどうかで決定されますので、大ヒットを願いながら2018年1月の公開を楽しみに待っていましょう。

スポンサーリンク

 

アナタにお薦めの記事はコチラ!

 - 芸能 , ,