注目キーワード

潤浩くんが韓国人って本当?読み方/wikiプロフィールや出演作を調査!

NHK連続ドラマ『エール』の主人公の弟、古山浩二の幼少期を演じる潤浩くん!

潤浩くんは、話題となった長淵剛さん主演映画『太陽の家』にも出演していましたね!

今注目されている子役さんです!

そこで今回は、潤浩くんの読み方とwikiプロフィールや韓国人の噂、そして出演作から演技力まで一緒に見ていきましょう!

潤浩くんの読み方とwikiプロフィール!韓国人の噂は本当?

さっそく潤浩くんのプロフィールから見ていきましょう!

 

潤浩くんプロフィール

名前:潤浩(ゆんほ)

生年月日:2011年9月15日

年齢:8歳 ※2020年3月現在

出身地:未公開

身長:117センチ ※2020年3月現在

趣味:ゲーム

特技:サッカー・トランポリン・鉄棒

職業:子役

事務所:ニチエンプロダクション

 

潤浩くんは『ゆんほ』くんと読みます!

 

『潤浩(ゆんほ)』という響きの名前は、韓国人っぽく感じられますよね?

SNSでも潤浩くんが「韓国人では?」との噂が出てます。

 

出身地は未公開になっており、色々と国籍について調べてみましたが情報はありませんでした。

しかし映画やドラマに出演している 潤浩くんですがバッチリな日本語です。

もしかしたらご両親のどちらががもしかしたら韓国の方で『潤浩(ゆんほ)』と名付けたのかもしれませんね!?

 

潤浩くんはこの春から3年生!

特技もサッカーやトランポリンといったスポーツ大好きな少年です!

そんな潤浩くんの出演作品を見ていきましょう!

 

潤浩くんの出演作が凄い!

 

現在8歳の潤浩くんは2017年からドラマや映画に出演をされています!

中でもドラマ「僕の初恋を君に捧ぐ」映画「太陽の家」といった話題の作品にも潤浩くんが出演されています!

ドラマの出演作

◆2017年
・『視覚探偵 日暮旅人』第3話 雪時雅彦-幼少期

◆2018年
・朝ドラ『半分、青い。』第30回-男の子役
・『炎上弁護人』-日下部勇介役
・『我が家の問題』第1回-高木大樹役
・『コードブルー -もう一つの日常-』1話-松村晃太役
・『魔法×戦士マジマジョピュアーズ!』邪魔彦-幼少期

◆2019年
・『ちょい☆ドラ 2019~斬る女~』-三男役
・『僕の初恋をキミに捧ぐ』主人公・垣野内逞-幼少期

 

映画の出演作

◆2017年
・『明日へ-戦争は罪悪である』-葛西真也役
・『ビジランテ』-神藤大地役

◆2018年
・『祈りの幕が下りる時』-恭一郎の幼少期5歳役
・『栞』-山本海音役

◆2019年
・『町田くんの世界』-風船の男の子役

◆2020年
・『太陽の家』-池田龍生役
・『五億円のじんせい』-主人公・高月望来の幼少期役

CMの出演作

潤浩くんはみんな見たことのある“あのCM”にも出演されていました!

Amazon Echo

関西電力

アイダ設計

ピザハット

WOWOW

ジョイパレット キラピカDXアイスワゴンショップ

ジョイパレット つなげてくねくねロードDX

 

観たことのあるドラマや映画、CMにも潤浩くんが出演していたんですね!

 

潤浩くんは可愛くて演技力も凄い!

潤浩くんが出演した長渕剛さん主演映画「太陽の家」での演技力についてのみんなの反応を見ていきましょう!

話題となった映画「太陽の家」は泣ける人続出!

そんな映画に出演した潤浩くんの評判は「かわいい」との声もありましたがその演技力で泣かされてしまった人も!

人を映画の世界へ引き込み泣かせてしまう演技力は潤浩くん凄い子役ですね!

まとめ

話題の子役、潤浩くんの読み方とwikiプロフィールや韓国人の噂、そして出演作から演技力まで一緒に見ていきましたがご参考になりましたでしょうか?

潤浩くんは『ゆんほ』くんと読み、その響きから「韓国人では?」との噂がありますが、出身地も未公開で情報がありませんでした。

この春から3年生の潤浩くんは、2017年からドラマや映画に多数出演しており中でも2020年に公開された長渕剛さん主演の映画「太陽の家」での潤浩くんの演技力に泣ける人が続出!

そんな潤浩くんはNHK朝ドラ「エール」でどんな演技を見せてくれるのか楽しみですね!

 

潤浩くんが出演するNHK連続ドラマ『エール』には潤浩くん以外に6人の子役達が大活躍!

もっと『エール』を楽しむために、おすすめ記事から子役達の記事も御覧ください!

関連記事

NHKの朝ドラ『エール』のキャストが続々と発表され話題になっていますね! 朝ドラでは主人公やヒロインのこども時代を演じるかわいい子役達にも注目が集まります。 今回の朝ドラ『エール』の主人公のこども時代は、今人気子役の石田星空くん[…]