松浦慶斗の父は甲子園出場で古賀優人との関係は?出身は石巻で中学は?

スポーツ

2021年の高校野球注目の選手と言えば、最速150キロを誇る大阪桐蔭の松浦慶斗投手です。


なんと、松浦慶斗投手を調べていくと父親が甲子園出場経験があるとか!そしてプロ野球選手とも関係があるようです。


そこて今回は「松浦慶斗の父は甲子園出場で古賀優人との関係は?出身は石巻で中学は?」と題しまして松浦慶斗投手の父親や古賀優人選手との関係やエピソード、出身中学などをまとめてまいります。

スポンサーリンク

松浦慶斗投手の父親は甲子園出場していた!

松浦慶斗投手プロフィール
名前:松浦 慶斗(まつうら・けいと)

生年月日:2003年7月1日

出身地:宮城・石巻市

身長:184センチ

体重:88キロ

血液型:A


松浦慶斗投手のご家族構成は、父親と母親、そしてお兄さんの4人家族です。


そして気になる松浦慶斗投手の父親は松浦吉仁(よしと)さんです。

年齢は49歳です。


ご出身の高校は、北の名門と言われる北海高校


1988年春と1989年夏と2回甲子園出場した経験の持ち主なんです。


北海高校といえば、多くのプロ野球選手を輩出してる名門校なんですよ!

北海高校出身のプロ野球選手
・大窪士夢(おおくぼ じゆ)西武ライオンズ所属

・阪口皓亮(さかぐち こうすけ)DeNAベイスターズ所属

・佐藤龍世(さとう りゅうせい)西武ライオンズ所属

・戸川大輔(とがわ だいすけ)西武ライオンズ所属

・川越誠司(かわごえ せいじ)西武ライオンズ所属

・鍵谷陽平(かぎや ようへい)日本ハムファイターズ所属

現在も、北海高校卒業のプロ野球選手が多く活躍されているんですね!

さすが名門高校です。


松浦慶斗投手の父、松浦吉仁さんの高校卒業後は、社会人野球の山陽国策パルプ旭川硬式野球部に所属し活躍されたそうです。


本社の合併に伴い日本製紙が発足し、その時にチーム名が『日本製紙旭川硬式野球部』に改称され、2000年に同社石巻硬式野球部へ移籍されたといいます。


その後に、松浦慶斗投手の父親の松浦吉仁さんは監督を務められたそうです。


松浦慶斗投手の父親である松浦吉仁さんの現在を調べていくと「新富野野球少年団」のヘッドコーチにお名前が!

「新富野野球少年団」といえば、松浦慶斗投手が所属していたチームです。


そう考えると、父親である松浦吉仁さんのの確率が高そうですね!

スポンサーリンク

松浦慶斗投手と古賀優人との関係

古谷優人選手は福岡ソフトバンクホークスにに所属する選手で、松浦慶斗投手の母親が古谷優人選手と母親が姉妹だそうです。


なので松浦慶斗投手と古谷優人選手は、従兄弟となるんですね!


少し古谷優人選手について見ていきましょう。


古谷 優人選手
名前:古谷 優人(ふるや ゆうと)
出身地: 北海道中川郡幕別町
生年月日:1999年2月19日(22歳)
身長:176 cm
体重:79 kg


幕別札内南小学校3年から野球を始めた古谷優人選手。

幕別札内中学校時代は、軟式野球部所属されていたそうです。


中学卒業後は、江陵高等学校に進学した古谷優人選手は、1年生の春から主戦投手として登板する実力だったといいます。


2016年の古谷優人選手はドラフト会議で福岡ソフトバンクホークスからドラフト2位〆を受け、入団をされています。


古谷優人選手の試合動画をご覧ください。



いかがですか?

松浦慶斗投手と少し似ていますかね?


ふたりのエピソード

松浦慶斗投手と古谷優人選手のふたりのエピソードを見つける事ができました!


小学生のころには「制球を気にし過ぎず、思い切り投げたらストライクゾーンに行くから」とキャッチボールをしてアドバイスも受けていた。

https://column.sp.baseball.findfriends.jp/?pid=column_detail&id=103-20201109-71


松浦慶斗投手と古谷優人選手の母親が姉妹ということもあって、一緒に遊んだりされていただんでしょうね!


小学生の頃はふたりでキャッチボールしてたなんてまるで兄弟みたいですね!

スポンサーリンク

松浦慶斗投手の小学時代は石巻で東日本大震災を経験

小学校1年生の時に宮城県石巻市にある「門小ガッツスポーツ少年団」で松浦慶斗投手は野球を始めています。


そんな松浦慶斗投手が小学校1年生の時、宮城県石巻市でおきた東日本大震災を経験


父親の吉仁さんが松浦慶斗投手を助けに行かれ、通学路を逃げている時はすぐそこまで津波がきていたと言います。


松浦慶斗投手は、南浜・門脇エリア、1800世帯の住宅が流出したエリアに当時住んでいましたが、
自宅は無事だったそうです。


野球を始めたばかりの松浦慶斗投手は、小学校2年時に宮城県石巻市立門脇小学校から旭川市立新富小学校に転校


北海道移住後の小学校3年生から「新富野球少年団」で本格的に野球を始められています。


小学校5年生から松浦慶斗投手は、投手を始めます。


小学校6年生の時に北海道日本ハムファイターズジュニアのセレクションを受けて見事に合格

2015年のNPBジュニアトーナメントに背番号9で出場

https://npb.jp/junior/2015/roster_f.html


2015年の北海道日本ハムファイターズジュニアチームの背番号「9」に松浦慶斗投手のお名前が記載されていました。


松浦慶斗投手の中学時代は世界大会出場

松浦慶斗投手は、旭川市立明星中学校ご出身です。


旭川市立明星中学校代は旭川大雪ボーイズに所属されています。


中学校代の松浦慶斗投手の動画をがありました。

中学1年生の時に、U12日本代表に選ばれ、カル・リプケン12歳以下世界大会(米国)に出場

その時の成績は、決勝の米国戦など3戦に登板し、見事に優勝。

中学3年生では「2018年ボーイズ選手権大会」ベスト8。

投げるボールはストレート、スライダー、カーブ、スプリット、スクリュウと球種は多彩で実力、素材ともに現時点で全道ナンバーワン左腕と言える。

https://www.strike-web.com/archives/129917

そして、松浦慶斗投手は道内外強豪校から誘われ大阪桐蔭への進学されます。


松浦慶斗投手の高校時代は1年からベンチ入り

大阪桐蔭へ入学した松浦慶斗投手。

高校1年の秋から背番号「15」ベンチ入りします。


そして近畿大会では先発も含め3試合登板も5回2/3で10失点。


高校2年生となった松浦慶斗投手は、夏の交流試合で甲子園出場


2年生の秋からは、松浦慶斗投手の背番号「1」。


2年連続大阪1位での近畿大会出場へ導きました。

まとめ

今回は、高校野球注目の選手と言えば、最速150キロを誇る大阪桐蔭の松浦慶斗投手について「松浦慶斗の父は甲子園出場で古賀優人との関係は?出身は石巻で中学は?」と題してまとめてみました。


松浦慶斗投手の父親は、高校時代、北の名門と言われる北海高校で1988年春と1989年夏に甲子園出場していた。

松浦慶斗投手と古谷優人選手の関係は、従弟。

松浦慶斗投手は、小学1年生で「門小ガッツスポーツ少年団」で野球を始めるが石巻市でおきた東日本大震災を経験。

松浦慶斗投手の中学時代は、旭川大雪ボーイズに所属しU12日本代表で優勝。

松浦慶斗投手の大阪桐蔭高校1年秋から背番号「15」ベンチ入り。


最後までお読みいただきありがとうございました。

高校野球で注目選手の記事はこちらからご覧いただけます。

小園健太は小園海斗と兄弟で姉もいた?中学時代から注目選手だった
小園健太の兄が小園海斗なのか?出身地から調査!中学時代か注目されていたワケとは?
木村大成(北海)は中学時代は優秀賞受賞した凄いドラフト注目選手!
木村大成投手は中学時代から球速130km/hを超え、北海高校1年からエースナンバー背番号1のドラフト注目選手
関戸康介は中学(明徳)を転校!小学でホークス所属のドラフト注目選手
関戸康介は中学(明徳)を転校し地元佐世保へ!小学でホークスで球速129キロをマークしたドラフト注目選手!
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました